/

サントリースピリッツ、ジンのソーダ割りを缶で発売

サントリースピリッツは26日、国産ジン「翠(すい)」のソーダ割りの缶商品を発売すると発表した。2月15日からコンビニエンスストアで先行販売し、スーパーなどは3月22日の発売を予定する。家飲み需要が高まるなか、缶で手軽に飲んでもらい、新たな顧客を増やしたい考え。

同日に開いた2022年の国産ジン戦略説明会で明らかにした。価格は350ミリリットルが税別175円、500ミリリットルが同237円。翠のソーダ割りをハイボールやレモンサワーに次ぐ「第3のソーダ割り」と位置づけ、新市場の開拓を目指す。

翠は20年3月に発売。ソーダで割る「翠ジンソーダ」が人気となり、21年の販売数量は20年比で2.3倍に増えた。21年末時点で3万5000店の飲食店でも提供されているという。22年は缶商品を含む翠ブランド全体で21年比2.4倍の64億円の売り上げを見込む。

4月にはシンガポールやベトナムなどアジア6カ国にも輸出を開始。「新しい食中酒として翠ジンソーダの需要をつくりたい」(神田秀樹社長)という。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン