/

この記事は会員限定です

味測り食品開発に応用 九州大学特別主幹教授の都甲潔氏

テクノロジストの時代

[有料会員限定]

食品や飲料の味を分析し定量化する「味覚センサー」。今や食品メーカーが開発やマーケティングに広く使っているが、これを世界で初めて開発したのが九州大学の都甲潔・特別主幹教授だ。

味覚を研究するきっかけは、妻が作ったハンバーグだ。大のニンジン嫌いだったが、なんとか食べさせようと細かく刻んで練り込んでくれた。何も知らず食べたところ、いつもより甘くおいしいと感じ、驚くと同時に人が感じる味の曖昧さを悟った。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り720文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン