/

HIS、1億円に減資 10月に臨時株主総会開き決議

エイチ・アイ・エス(HIS)は26日、資本金を1億円に減資すると発表した。10月27日に開く臨時株主総会に諮る。新型コロナウイルス禍で海外旅行需要が急減し、2022年10月期は3期連続の最終赤字となる可能性があり、減資で財務を安定させる。資本金が1億円になることで、中小企業として税負担が減ることにもなる。

4月末で247億円あった資本金を1億円に、174億円あった資本準備金を2500万円にする。4月末で連結の利益剰余金が44億円のマイナスとなったことの解消を目指す。10月の臨時総会で議案が可決承認されることが条件となる。

HISは行動制限の発令や厳しい出入国の水際対策などで得意とする海外旅行需要が低迷しており、同業他社の中でも業績の落ち込みが長引いている。21年11月~22年4月期の連結決算では最終損益が269億円の赤字(前年同期は235億円の赤字)となり、同期間として過去最大の赤字を計上した。

資本金が1億円以下の企業は税制上、「中小企業」となり税の優遇措置が受けられる。キャッシュアウトを抑え、手元資金をできるだけ確保する。HISは「今後の財務基盤の健全化と持続的な成長に向けた資金確保だ」としている。今期の業績見通しに与える影響は精査中。

単体では繰越欠損金として控除できる約280億円の欠損金がある。HISは運営するテーマパーク「ハウステンボス」(長崎県佐世保市)の売却も検討しており、決算期末となる10月末に向けて財務基盤の強化を急いでいる。

新型コロナ禍で旅行業界では同様の減資が相次いでいる。21年にはJTBや日本旅行が1億円に減資。KNT-CTホールディングスも22年7月末に減資している。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません