/

楽天Gの普通社債、発行額3000億円に上積み

楽天グループは26日、12月2日に3000億円の普通社債を発行すると発表した。当初2000億円の発行を予定していたが、投資家からの需要が旺盛で上積みした。同社の円建て債として最大規模となる。調達資金は携帯事業での基地局整備などに充てる。

年限は3~15年までの6本建て。利率は0.5~1.5%。発行額は100億~850億円で、10年債の発行額が最も大きい。

楽天Gは携帯事業での設備投資がかさみ、財務基盤が悪化している。4月に約3200億円の外貨建て永久劣後債を発行するなどして、9月末時点の有利子負債は19年同月比9割増の2.8兆円に膨らんでいる。

7月にはS&Pグローバル・レーティングが格付けを「投機的水準」に引き下げた。岡三証券の奥村裕介氏は「当面は大型の資金調達懸念は後退したが、これ以上の社債発行の余地はほぼないだろう」と指摘する。楽天G側は「負債に頼らない資金調達にも取り組んでいく」と説明しており、その一環として傘下の楽天銀行の新規株式公開(IPO)を通じた資金調達なども検討している。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン