/

東京大学やパナソニック、呼気で個人識別 生体認証視野

think!多様な観点からニュースを考える

東京大学やパナソニックインダストリーなどの研究グループは、人間が発する呼気の成分から個人を識別するシステムを開発した。人工嗅覚センサーと機械学習を組み合わせ、実験では20人を判別できた。指紋など物理情報に比べ、呼気中の化学物質を合成するのは難しい。なりすましが困難なため生体認証に活用できる可能性がある。

呼気中には1000種類以上の物質が含まれ、DNAに由来し個人の識別に使える物質もあるという。センサー内の16種類の異なる高分子材料が、呼気中に含まれる様々な物質を捉える。捉えたデータをもとに機械学習で特徴を分析して個人を識別する。

実験では直前に食べた料理の匂いの影響を受けないように、空腹状態の20人を対象とした。呼気に含まれる水分を除き、吹きかけ方などを統一して分析した。97%以上の精度で識別できたという。

生体認証はパスワード認証などに比べ簡単で安全性の高い本人確認の手法だ。現在は指紋や虹彩、声紋など物理情報を使うことが一般的で、高い技術は必要だが偽装できる可能性もある。

研究グループの長島一樹准教授は「視覚や触覚を使った技術に加えて嗅覚を利用することで、より精度の高い認証手法になる」と話す。呼気中に含まれる水分や食べ物の匂いに左右されにくいセンシング技術や識別技術を開発する考えだ。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン