/

ベクトル、オンライン発表会の準備を支援

スタジオで発表会を撮影した後、背景を合成する

PR会社のベクトルは、オンライン発表会の準備を支援するサービス「バーチャル発表会」の提供を始めた。利用者は事前にスタジオで発表会の動画を撮影し、会場背景のCG(コンピューターグラフィックス)を合成すれば独自の発表会を準備できる。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、企業のオンライン発表会が広まっていることに対応する。

バーチャル発表会は、背景に合成する会場風景を約100種類そろえ、企業やブランドのイメージに合った発表会を簡単に制作できる。企業は事前にスタジオで撮影した映像をオンライン発表会当日に公開するだけで作業が完了するため、対面で開催する場合に必要な会場の準備や運営にかかるコストを削減できる。

新商品の発表会や企業の事業戦略発表会での利用を想定する。ベクトルグループのPR事業会社や映像制作会社などが協業し、企画立案や撮影、動画編集を手がける。最短2営業日で撮影から動画編集までが完了するという。また、あわせて企業が発表会当日にSNS(交流サイト)などで投稿しやすいよう、動画を短く編集するサービス「ブランドニュース」も開始した。

バーチャル発表会の制作のみのプランと、バーチャル発表会とブランドニュースをセットにしたプランを提供する。価格はバーチャル発表会のみで385万円から、セットプランは495万円からとなる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン