/

この記事は会員限定です

小学館とプレティア、ARで街づくり 収益性など検証

[有料会員限定]

小学館と拡張現実(AR)ゲーム開発のスタートアップのプレティア・テクノロジーズ(東京・品川)は、ARを使った街づくりに挑む。3月末まで都内でARと謎解きを組み合わせたスマートフォンゲームで、実証実験を実施している。収益性や利用者の需要を分析し、技術的な課題も洗い出す。地方自治体などと地域活性化をテーマに連携する方針だ。ARを使ったサービス開発を進める。

小学館の本社がある東京・神保町を歩いて巡る...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り874文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン