/

この記事は会員限定です

味やにおいデータ化し再現 明大やキリン、食品開発など

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

味やにおいの成分をデータに変換し再現する技術開発が進んでいる。明治大学の宮下芳明教授は電気信号を使った味の再現技術、キリンホールディングス(HD)は塩味を加減できる箸などを開発。有名店の味を忠実に再現した食品開発やヘルスケアに生かす。離れた人と味やにおいを共有する技術も進み、広告配信などビジネスへの幅広い応用が期待される。

「動画や音楽を共有するように、自分が食べた味を人と共有できる日もそう遠くはない」。明大の宮下教授...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2361文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン