/

この記事は会員限定です

夏のボーナス3.64%減、食品や陸運は前年超え

日経中間集計

[有料会員限定]

2021年夏のボーナス調査(5月13日時点、中間集計)では支給額が前年比3.64%減の73万923円だった。マイナスは3年連続で支給額も13年に次ぐ8年ぶりの低水準だった。新型コロナウイルスによるマイナス影響を57.3%が受けたとしており、足元で厳しい状況が続く。ただ、減少率は前年(5.03%減)に比べ縮小しており、食品や陸運などで前年を上回るなど一部に底打ち感も出てきた。

20年夏と比較できる196社を中間集計としてまとめた。業種別で最も減少率が大きかったのは鉄鋼(12.59%減)だった。長引くコロナ禍に加え足元での原材料価格...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1874文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン