/

ワクチン2回、オミクロン発症予防52% 国内データで初

think!多様な観点からニュースを考える

長崎大学などの研究チームは26日、新型コロナウイルスの変異型「オミクロン型」に対するワクチンの効果を国内のデータで分析した暫定結果を発表した。オミクロン型の流行が広がった期間において、米ファイザー製か米モデルナ製の2回接種の発症予防効果は51.7%で、デルタ型流行期での88.7%より低下していた。オミクロン型へのワクチン効果に関する国内データは初めてだという。

全国的にオミクロン型の感染が広がっていた1月1~21日の検査データを分析し、オミクロン型に対するワクチンの効果を推定した。東京など全国5カ所の医療機関でコロナの症状があって検査を受けた417人(16~64歳)について解析した。

ワクチン未接種だった53人のうち陽性が24人(45%)だったのに対し、ファイザー製かモデルナ製の2回接種から14日以上たった346人では陽性が88人(25%)にとどまった。症状があって陽性になる比率を統計処理で比較し、2回接種は未接種と比べて発症を51.7%(2.0~76.2%)減らす効果があると推定した。ただ、まだ症例数が少ない初期分析であるため推定値の幅が大きい。

デルタ型が流行した2021年7月1日~9月30日のデータの分析では、2回接種の発症予防効果は88.7%(78.8~93.9%)だった。長崎大の森本浩之輔教授は「オミクロン型に対してもワクチンは一定の効果があるが、デルタ型と比べて見劣りするのは間違いない。接種していても油断せずに感染対策を続けてほしい」と話した。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン