/

ソニー、「1型センサー」カメラのスマホ 約20万円

ソニーは26日、同社で初めて大型の「1型センサー」を搭載したスマートフォン「Xperia PRO-I(エクスペリア・プロ・アイ)」を12月15日に発売すると発表した。高級コンパクトデジカメで使うセンサーを採用し、撮影機能を高めた。直営店の価格は19万8000円。

背面のカメラは焦点距離ごとに3種類あり、24ミリの広角カメラで1型センサーを採用した。有効画素数は1220万画素。通常のスマホ用センサーに比べて光を多く取り込めるため、夜間や夕暮れなど明暗の差が大きな場面でも高い画質を維持し、背景のボケも強調しやすくなる。

動画機能も充実させた。被写体の瞳に自動でピントが合う機能を、スマホの動画向けで初めて搭載した。1秒あたり120コマの4K動画も撮影でき、動きが速いシーンでも滑らかな動きになる。

「自撮り」をする人向けに、表面ではなく背面の高性能なカメラで撮影できるよう専用モニターも別途発売する。専用のグリップと組み合わせることで、3.5インチのモニターで実際の動画を確認しながら撮影ができる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン