/

この記事は会員限定です

不妊リスク高める排卵障害、多囊胞性卵巣症候群 早め受診を

[有料会員限定]

女性の排卵が起こらなくなり、不妊の原因の一つとなる多囊(のう)胞性卵巣症候群(PCOS)に悩む女性が目立ってきている。晩婚や晩産化が進む中で医療機関で検査するきっかけが生まれにくいためだ。気づかずに放置すると子宮体がんなどにつながる可能性もある。早めの発見、治療が重要だ。

静岡県三島市に住む鈴木南さん(仮名・33歳)は数年前、妊娠を考えてかかりつけの婦人科クリニックに相談したところPCOSと診断さ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1602文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン