/

この記事は会員限定です

米M&A、高まるハードル 投資規制や独禁審査厳しく

ロシア問題や円安も影

[有料会員限定]

米国企業に絡むM&A(合併・買収)のハードルが上がっている。米国の新法などで、外国企業が米国企業を買収する際の審査が厳しくなったうえ、米独禁当局がM&Aを差し止める動きも加速している。さらに急激な円安が追い打ちとなり、日本企業の中には買収対象候補から米国企業を外す例も出始めている。

米国企業を「除外」

ある日本の大手企業は最近、買収対象の候補リストから米国企業を外した。この日本

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1716文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン