/

この記事は会員限定です

リンガーハット、2カ月半ぶり安値 店舗構成に懸念

銘柄診断

[有料会員限定]

26日の東京株式市場でリンガーハット株が逆行安となり、一時前日比31円(1%)安の2179円を付けた。3営業日連続の下落で8月10日以来、約2カ月半ぶりの安値水準となった。終値は2183円だった。

14日の大引け後に2022年2月期通期の連結業績予想を下方修正したことが嫌気され、翌日からほぼ一本調子で下落が続いている。緊急事態宣言などに伴う営業時間短縮要請の長期化が響き、通期の営業損益は13億円の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り353文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン