/

プライム市場とは 「流通株式35%以上」など基準

きょうのことば

▼プライム市場 2022年4月に新設される東京証券取引所の3つの市場区分のうち、上場基準が最も厳しい市場を指す。中堅企業向けの「スタンダード」や成長企業向けの「グロース」と異なり、海外の機関投資家などが投資対象とするようなグローバル企業向けの市場だ。

東証1部からプライムに上場するには、主に2つの基準を満たす必要がある。1つは市場で流通する株式の比率(流通株式比率)を35%以上にすることで、1部(5%未満で上場廃止)より厳しくなる。2つめは流通株ベースの時価総額で100億円以上(従来は5億円未満で上場廃止)だ。算出に使う流通株式の定義も厳しくなり、安定株主の保有分は原則、非流通株式とみなされる。

日経の試算では、流通株式比率が35%未満は約70社、流通株式時価総額が100億円未満は約490社だった。プライム基準では1日平均の売買代金が2000万円以上であることも求めており、約280社が基準を下回った。これらから重複を除くと約570社となった。東証は6月末を基準日として企業の流通株式比率などを算定し、7月に新区分の適合状況を企業に通知する。これをもとに企業は9~12月末に新市場を選び、東証に申請。22年1月に東証が企業の選択結果を公表する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン