/

健康寿命とは 平均寿命との差縮まる

きょうのことば

▼健康寿命 健康上の問題によって日常生活が制限されずに生活できる期間。2000年に世界保健機関(WHO)が提唱した。0歳時点の平均余命を指す「平均寿命」から、寝たきりや介護を必要とした期間を除くと「健康寿命」となる。過去には平均寿命が広く使われてきたが、寝たきりや要介護とならずに自立して生活できる期間を延ばすことが大切だと考えられるようになり健康寿命が重視されるようになった。

厚生労働省のデータによると、2019年の平均寿命は男性が81.4歳、女性が87.5歳、健康寿命は男性が72.7歳、女性が75.4歳となっている。平均寿命と健康寿命とも右肩上がりで伸びており、世界の中でも高い。平均寿命と健康寿命の差も縮まりつつあるが、政府は一段と縮めることを掲げる。健康増進法に基づき策定された「健康日本21」でも「健康寿命の延伸」を最大の目標とすることが掲げられた。

健康寿命を延ばすためとして「フレイル(虚弱)」が注目されている。フレイルは健康な状態と要介護状態の間に位置しており、身体機能や認知機能の低下が見られる状態を指す。早期に発見して適切な取り組みを行うことで進行を防げるため、国もフレイル予防に向けた取り組みを進めている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン