/

この記事は会員限定です

工場などの浸水予測、ARで「見える化」 MS&AD系

[有料会員限定]

MS&ADインシュアランスグループホールディングスは、工場などの浸水予測を拡張現実(AR)で「見える化」する技術を開発した。タブレット端末でカメラ映像に水位や水の濁りなどを合成する。事業継続計画(BCP)の改善などでの活用を見込む。

AR技術を使った水害リスク調査をグループ会社のMS&ADインターリスク総研(東京・千代田)が手がける。カメラ映像から距離を測定できる機能があるタブレ

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り393文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン