/

スカイマーク、増資後再び「中小企業」に 税負担を軽減

スカイマークは26日、9月28日に計40億円の資金調達をすることを決議したと発表した。同時に資本金と資本準備金の額を1億円に減らす。資本金が1億円以下であれば、税制上の中小企業となり、税負担が軽くなる。新型コロナウイルス感染拡大による旅客需要の低迷が続く中、資金繰りの改善を急ぐ。

旅客需要の低迷が続く中、資金繰りの改善を急ぐ=共同

資金は株主割当増資で20億円、日本政策投資銀行(DBJ)からの劣後ローン借り入れで20億円を調達する。増資で資本金が増えた分を、純資産の他の項目に振り替える。自己資本比率は変わらない。同社は20年にも資本金を90億円から1億円に減らしており、現在も資本金は1億円だが、いったん増資した後に再び減資する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン