/

この記事は会員限定です

国内2社が航空機ファンド設立、コロナ後初 500億円規模

[有料会員限定]

空港などの不動産賃貸を手がける空港施設と投資会社のマーキュリアインベストメントは国内投資家を対象にした航空機ファンドを設立する。小型のリース機を中心に投資し、まずは年間500億円の運用規模を目指す。欧米で旅客需要が回復する中で市場が拡大する小型機市場に照準を合わせる。新型コロナウイルスの感染拡大後、日本企業が航空機ファンドを立ち上げるのは初めて。

近く設立契約を結ぶ。新たなファンドには空港施設が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り611文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン