/

この記事は会員限定です

三菱自動車「日仏連合ありきじゃない」 新たな姿を模索

ゴーン退場1000日(3)

(更新) [有料会員限定]

東京・田町にある三菱自動車本社30階の役員応接室。5月21日、社長の加藤隆雄は2人の「賓客」と向き合っていた。日産自動車社長兼最高経営責任者(CEO)の内田誠と三菱商事社長の垣内威彦だ。

「引き続き見守ります。将来像もまとまってきましたね」。2022年3月期の経営方針を説明した後、垣内からこう語りかけられて加藤は安堵した。内田からも「電動化で連携を深めましょう」と呼びかけられ、3カ月に1度の3者...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り759文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン