/

この記事は会員限定です

地政学リスク、企業は対応迫られる 経済安保パネル討論

アジアの未来

[有料会員限定]

第27回国際交流会議「アジアの未来」(日本経済新聞社主催)で27日午後、「経済安全保障、動き出す企業」をテーマに専門家がパネル討論に臨んだ。オンラインで参加したPwCアジアパシフィックチェアマンのレイムンド・チャオ氏は「(米中の)2つの超大国の間で緊張感があり、これから先も貿易戦争が続く」と指摘した。

経済同友会副代表幹事の小柴満信氏は「2020年代は大きな世界秩序の転換期」と述べた。地政学的な...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り220文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

アジアの未来

日本経済新聞社は5月26、27日の両日、「分断された世界をつなぐ、アジアの新たな役割」をテーマに第27回国際交流会議「アジアの未来」を都内で開催します。会場参加に加え、オンラインでの聴講も可能です。

第27回 開催概要

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン