/

この記事は会員限定です

「背中見ろ」は通じない Z世代社員にキャリア自律支援

[有料会員限定]

20代のZ世代社員に対し、ブラザー工業系などが「国家資格キャリアコンサルタント」らによるキャリア自律支援を始めた。「仕事は上司の背中を見て学べ」という従来の感覚を捨て、働きがいに敏感な若手にキャリアの道筋を示すのが目的だ。転職への抵抗が少ないZ世代社員を引き留める狙いもある。

「入社4年目で仕事が忙しく、将来ビジョンが正直持てなかった。外部のキャリアコンサルによる面談を受けたことで今の仕事の延長...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1449文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

1995年~2009年生まれの「Z世代」や2010年以降に生まれた「α世代」。1980年から90年代中盤に生まれた「ミレニアル世代」に続く世代で、デジタルネーティブという特徴を持ちます。彼らが生み出す新たな消費やサービスのニュース・解説をタイムリーに発信します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません