/

この記事は会員限定です

電気・ガス、22年春まで値上がりの公算 LNG高騰響く

[有料会員限定]

電力10社は26日、2022年1月の家庭向け電気料金を上げると発表した。火力発電に使う液化天然ガス(LNG)などの価格が上がったのを反映する。エネルギー価格がすぐに大きく下がる余地は小さく、春先まで電気料金は上昇し続ける公算が大きい。都市ガスや灯油の価格も高値圏で、暖房の最需要期に向けて家計にずしりと響く。

10社全てが値上げするのは5カ月連続。東京電力ホールディングスの1月の料金は7631円と21年12月より2%高い。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り876文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン