/

この記事は会員限定です

ゼネコンに株主還元圧力 西松建設、配当性向7割 

[有料会員限定]

準大手・中堅ゼネコンに、アクティビスト(物言う株主)から株主還元を迫る声が強まっている。アクティビストによる保有比率が2割を超えた西松建設は、中間配当による増配を実施。浅沼組は配当性向100%の株主提案が出る予定だ。企業価値向上につながる一方、株式市場では業界再編の観測も浮上する。

シティインデックスイレブンス(東京・渋谷)が関東財務局に提出した変更報告書によると、4月7日時点で西松建設株の保有比率が共同保有分...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り835文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン