/

この記事は会員限定です

セブン&アイ、日本式「PBモデル」に託す米市場攻略

[有料会員限定]

セブン&アイ・ホールディングスは26日、ガソリンスタンド併設型コンビニ「スピードウェイ」の買収について米連邦取引委員会(FTC)の同意命令案が承認されたと発表した。2兆円超の大型買収に道筋がつき、成長戦略の中核に位置づける米国事業への投資を本格的に始める。米攻略のカギを握るのは、「プライベートブランド(PB)」で商品力を底上げする日本式モデルの浸透だ。

FTCが発表した合意内容では、米セブンイレブンは米国内の「スピードウェイ」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り976文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン