/

この記事は会員限定です

JFEエンジ、ごみ焼却施設向け火災感知システム

[有料会員限定]

JFEエンジニアリングはごみ焼却施設内にあるごみの一時保管場所で発生する火災を自動で感知するシステムを開発し、外販を始めた。人工知能(AI)を活用して監視カメラの映像から煙を感知して知らせる機能で、火災を早期に発見し、消火につなげる。

焼却施設に集められたごみは、焼却される前に「ごみピット」と呼ばれる施設内で一時保管される。重さや圧力、ピットに落とされた衝撃などでごみが発火することがあり、発見が遅...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り320文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン