/

JTB、五輪ツアー販売再開 中止や無観客なら返金

JTBは無観客開催などの場合は返金対応する

JTBは24日から、東京五輪の観戦チケットと宿泊がセットになった公式ツアーの販売を再開した。五輪が中止や無観客での開催となった場合は返金に応じる。新型コロナウイルスによる大会延期を受けて販売を休止していたが、開会日まで2カ月を切り、販売再開に踏み切った。

東京五輪の公式ツアーは、JTB、東武トップツアーズとKNT-CTホールディングス(HD)の3社が取り扱う。東武トップツアーズも24日、ツアーの抽選受け付けを始めた。開催が確定した後に抽選を行い、当選者はツアーの購入手続きをする。

KNT-CTHDは、緊急事態宣言の解除後に販売を始める。現時点で6月8日を予定しているが、担当者は「緊急事態宣言が延長された場合は、販売時期も延期する」と話す。

JTBが販売を再開するのは、6泊7日で水泳など5種目の競技を観戦する1人50万8千円のツアーなど。先着順に受け付ける。同社の担当者は「開催が迫っていることなどを考慮し、販売再開を決めた」としている。

東京五輪は7月23日に開会日を迎える。新型コロナの影響で中止や無観客開催となった場合は、いずれの旅行会社もツアー料金を返金するとしている。JTBはツアー参加予定者が新型コロナに感染した場合、事前に申し出れば取り消し料を免除する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン