/

この記事は会員限定です

和牛生産もサステナブル SDGsで資源循環・ガス抑制

[有料会員限定]

環境への負荷が高いとされる畜産業界でSDGs(持続可能な開発目標)を意識した生産への取り組みが広がっている。特に牛の飼育は大量のエサや水を必要とし、ゲップなどによる温暖化ガスの排出も多い。環境負荷の少ない農業を目指す世界の流れを受け、農家や食肉メーカー、教育現場などでサステナブルな牛肉の実現に向けた動きが生まれてきた。

「『和牛』が未来へ続いていくために」。1月下旬に全国農業協同組合連合会(JA...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1147文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン