/

商船三井の漂流船、えい航開始 油の流出確認されず

商船三井は25日、大西洋上で火災に見舞われた同社運航の自動車運搬船「フェリシティ・エース」に大型の救助艇が到着し安全海域に向けてえい航を開始したと発表した。同船は独ポルシェの高級車など独フォルクスワーゲン(VW)グループの約4000台を積み、ドイツから米国に向かう途中に大西洋上で出火。現在、煙は目視できない程度まで収まりつつあり、燃料油の流出も確認されていない。

同日、サルベージチームがヘリコプターで船に乗船した。今後の消火計画などを策定する。16日の火災発生により乗組員が全員救助されて以降、無人で漂流しており、先に到着した大型タグボートなどが放水を続けていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン