/

TikTokの動画拡散、2年半で20人に報酬支払い

動画共有アプリ「TikTok(ティックトック)」運営会社の日本法人は25日、2年半にわたり、ツイッター上で多数のフォロワーを抱える「インフルエンサー」計20人に報酬を支払っていたと発表した。支払った金額は調査中としている。

アプリを運営する中国IT(情報技術)大手、北京字節跳動科技(バイトダンス)の日本法人によると、2019年7月~21年12月末、報酬付きの契約を結んだインフルエンサーに動画を拡散する対価として金銭を支払っていた。ティックトックに投稿された動画の中から、ツイッター上で拡散させたいものを伝えていたという。

広告であることを明記しない口コミを装った宣伝は「ステルスマーケティング(ステマ)」と呼ばれる。日本では明確な法規制はないが、業界団体がガイドラインで消費者に誤解を与える行為として禁止している。同社は「コンテンツを広げるための活動で広告の表記は不要という認識だった」と説明している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン