/

M&A One、事業売却にセカンドオピニオン

エムエーワンの吉川将平社長

中小企業のM&A(合併・買収)支援を手掛けるM&A One(エムエーワン、東京・中央)は、会社や事業の売却を考える経営者を支援する新サービスを始めた。M&Aを考え始めた経営者が仲介会社を選ぶ際などに助言する。事業承継を考える経営者を情報面で支える狙い。

新サービスは「Pair One(ペアワン)」。中小の経営者がM&Aの仲介会社と契約前の面談を行う際などに同席して経営者の判断を支援する。吉川将平社長は「ほとんどの経営者にとって事業売却は初めての経験のため、仲介会社などを選ぶ際の基準が分からないことが多い」と話す。エムエーワンは300以上あるとされるM&A仲介や助言会社について調査し、各社が得意とする領域や案件規模などの特性を踏まえたうえで適切な企業選びを支える。

料金は1回の面談90分あたり5万円。これまでM&Aのセカンドオピニオンはコンサルティング会社などが月額制で手掛けてきたが、単発の料金体系とすることで検討段階などの経営者でも利用しやすくしたという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン