/

この記事は会員限定です

ランサムウエア、4重の脅迫で攻撃力 広がる企業の被害

[有料会員限定]

企業に身代金を要求するランサムウエア攻撃で顧客や取引先を巻き込む手口が増えている。業務システムを使えないように暗号化するなど既存の3つの手法に加えることで、脅迫が「4重」になる。ランサム攻撃の実効性が高まる中、企業は事前の防衛策だけでなく、被害に遭った後に関係者に迅速に説明するなど、身代金を払った後の現実的な対応を強いられる。

「写真撮影サービス会社をハッキングし、生徒の写真や個人データを入手した...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1159文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン