/

日本代表クロアチア戦、ABEMA視聴制限の可能性

think!多様な観点からニュースを考える

サイバーエージェントのインターネットテレビ「ABEMA(アベマ)」は4日、サッカー・ワールドカップ(W杯)カタール大会の日本対クロアチア戦で多くのアクセスが集中することが見込まれるとして、ユーザーに対して視聴制限をする可能性があると発表した。日本対クロアチア戦は5日午後6時(日本時間6日午前0時)の試合開始を予定している。

アベマは同大会の全試合を無料で配信している。日本対ドイツ戦のあった11月23日には1000万人超の視聴者を集めた。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません