/

この記事は会員限定です

ナイロン原料のアジア価格、3カ月連続横ばい

[有料会員限定]

ナイロンの原料となるカプロラクタムはアジア向け価格が3カ月連続の据え置き決着となった。宇部興産が韓国や台湾の大口需要家と合意した8月契約価格は1トン2070ドルだった。2018年11月以来の2000ドルを超える高値水準が続いている。

カプロラクタムの主...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り122文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン