/

この記事は会員限定です

丸井が衣料PB撤退 EC台頭が打撃、「脱物販」へ改革

[有料会員限定]

丸井グループは2023年3月期までにプライベートブランド(PB)事業から撤退する。かつて売上高全体の約2割を占め、いまも全社員の2割が携わる同事業は電子商取引(EC)の台頭や新型コロナウイルス禍で売り上げが急減していた。関連する社員はネット企業の店舗運営支援や金融など成長分野に配置転換する。小売業のブランド訴求の象徴だったPBの事業戦略が転機を迎えている。

紳士服「ビサルノ」や婦人服「アールユー」、婦人雑貨を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1835文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン