/

この記事は会員限定です

キヤノン、22年12月期の増配検討 1~3月は増益

[有料会員限定]

キヤノンが26日発表した2022年1~3月期の連結決算(米国会計基準)は、純利益が前年同期比3%増の459億円だった。旺盛な半導体需要を背景に半導体製造装置が好調。在宅勤務の定着で個人向けプリンターなども堅調だった。M&A(合併・買収)で膨らんでいた有利子負債の削減にもメドがついたとして、今期の配当積み増しを検討する。

「できるだけ早く(年間配当で)160円を目指す。前期に続き第2弾の増

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り734文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン