/

この記事は会員限定です

人材仲介のビザスク、「小が大を飲む」米社買収の成算

上原翔大

[有料会員限定]

企業向けにコンサルタント仲介を手掛けるビザスクが売り上げで3倍近い差がある米同業を約1億200万ドル(約112億円)で買収する。海外進出する顧客企業のコンサル需要を狙う。投資家は世界最大の北米市場への挑戦を好感し、発表直後の株価は大幅高となった。今回の「小が大を飲む」戦略がその期待に応えるためには、統合作業や経営資源の配分などで難しいかじ取りが求められる。

「上場前からグローバル展開を狙っていた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1437文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン