/

この記事は会員限定です

日立やイオン、低コストの確定拠出型拡充 資産形成促す

[有料会員限定]

企業型の確定拠出年金(DC)を導入する企業で、従業員向けのDC商品を見直す動きが広がってきた。手数料の安い商品を増やしたり、運用成績の劣る商品を除外したりする。従業員の資産形成を後押しする。企業は法律でDC加入者への投資教育に取り組むよう求められており、同様の動きが増える見通しだ。

「加入者にとって商品が分かりやすく選びやすいことと収益性の向上を考慮した」(日立製作所の小林由紀子人財統括本部部長...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1149文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン