/

この記事は会員限定です

不正犯した日野自動車 トヨタの開発はごまかせない

日野自動車エンジン不正(上)

[有料会員限定]

トヨタ自動車と比べて10年は遅れているという印象だ」──。排出ガス・燃費不正が発覚した日野自動車のエンジン開発について、親会社トヨタの関係者はこう評価する。日野は特別調査委員会を立ち上げて真因(問題を引き起こした本当の原因)の解明に乗り出した。だが、「開発プロセスにまでメスを入れて刷新しなければ、日野は不正の再発を防げないだろう」というのが、関係者の見立てだ。

日野は、平成28年(2016年)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3074文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン