/

この記事は会員限定です

水道の維持、民の力どう発揮? メタウォーター山口社長

そこが知りたい

[有料会員限定]

4月から宮城県で全国で初めて民間企業による上水、下水、工業用水の水道3事業の一括運営が始まった。水道インフラの維持管理が難しくなるなか、20年の長期契約で効率運営を図る。一方で、住民からは上水道を民間に任せることに不安の声も。事業を担う10社でつくる特別目的会社の代表企業、メタウォーターの山口賢二社長に一括運営の利点などを聞いた。

――今回の(民間事業者に運営権を一定期間売却する)コンセッション...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1140文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン