/

この記事は会員限定です

富士通の株主総会、情報漏洩に厳しい声 社長が陳謝

[有料会員限定]

富士通は28日に定時株主総会を開いた。質疑応答では、5月に発覚した富士通への不正アクセスによる顧客情報の漏洩問題について、株主から厳しい指摘が飛んだ。時田隆仁社長は「大変なご心配とご迷惑をおかけしていることをおわびする」と謝罪した。

時田社長は「システム上の不具合や運用上のトラブル、人的な不備などを含めて総合的に調査をしている」と説明。「機微な情報が入っているので詳細については控える。顧客と個別に相談の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り567文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン