/

この記事は会員限定です

イオン、次世代店に凝縮したAIおもてなし術

[有料会員限定]
日経クロステック

イオン傘下で総合スーパー(GMS)を運営するイオンリテールがデジタル技術を駆使した次世代店舗「スマートストア」の展開を加速する。人工知能(AI)カメラから得られる来店客の購買行動や販売データなどを組み合わせて、接客の向上や売り上げ拡大、食品ロス低減などに取り組む。

「いらっしゃいませ。何かお探しでしょうか?」。6月8日に開業した同社初のスマートストア「イオンスタイル川口」(埼玉県川口市)にあるベビーカー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2189文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン