/

ゲーム用NFTを貸し出し 世界大手「YGG」が日本進出

ブロックチェーンを活用したゲームに用いる非代替性トークン(NFT)に出資するフィリピンのYGG(イールドギルドゲームス)が日本に進出した。スタートアップのForN(フォーン、東京・港)がYGGと提携し、国内の事業運営を担うと発表した。人気ゲームのNFTに出資し、国内の利用者に貸し出す仕組みなどを設ける。

ブロックチェーンゲームは専用のNFTを購入すると遊べるようになるのが一般的だ。ゲームを進めていくと、ゲーム内通貨であるトークンを得られる。トークンは取引所などを通じて実際の通貨に交換できることもあり「遊んで稼ぐゲーム」と表現される。一方でNFTの購入にかかる初期費用として数万円相当以上の暗号資産(仮想通貨)が必要になる場合が多く、利用者が限られてしまう課題がある。

YGGはゲームのNFTに出資し、利用者に貸し出す「スカラーシップ」の制度を広めた。利用者がゲームで収益を上げると、その一部を回収する仕組みだ。特にベトナム発のブロックチェーンゲーム「アクシー・インフィニティ」では、フィリピンの利用者を対象にNFTを貸し出し、貧困層の人々がゲームを通じて生活費を稼ぐという経済圏が生まれた。

フォーンは国内利用者向けのスカラーシップを運営するほか、利用者同士がコミュニケーションするツールも開発する。既に海外ではゲーム利用者向けSNS(交流サイト)の「ディスコード」が活用されているものの、英語でのコミュニケーションが主流だ。日本人でも「カジュアルに入れる仕組み」(フォーン)を設けることで、日本でブロックチェーンゲームに親しむ利用者を増やしたい考えだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン