/

この記事は会員限定です

金利上昇時の銘柄選び 借入金や返済余力に注目

[有料会員限定]

世界の株式市場が金利の動きに一喜一憂している。5月上旬に長期金利が3年半ぶりの高水準を付けた米国では、期待先行で買われていた銘柄を中心に株価が下落。金融緩和マネーの波が引き始め、借金の多さなど企業の財務安全性の見極めが重要になっている。引き締め局面で注目すべき銘柄選別のポイントをまとめた。

経済全体で見れば、金利の上昇局面は多くが景気が好調なときだ。好調さが続きすぎると、物価の上昇を伴う。物価や...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1739文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン