/

JR東日本とENEOS、次世代電車の水素供給拠点設置へ

JR東日本とENEOSは25日、二酸化炭素(CO2)排出の少ない水素ハイブリッド電車の実用化に向け、水素を供給するステーションの設置に乗り出すと発表した。駅周辺に拠点を設けるほか、JR東が所有する鉄道向け発電所にENEOSが水素を提供する。

JR東は水素燃料電池と蓄電池を併用するハイブリッド電車「HYBARI」(ひばり)の開発を進めている。2022年3月から南武線などで試験走行し、30年までに実用化を予定している。

実用化するには、電車に水素を供給する体制をつくる必要がある。ENEOSはバスやトラックなど自動車向けの水素ステーションを全国47カ所に持つが、電車用のステーションの設置をJR東と進める。

鉄道は車と比べてCO2排出量が少ない。ただJR東はローカル線の一部などでディーゼル車両を運行している。こうした車両を水素ハイブリッド電車に置き換える。

ENEOSはJR東が川崎市に所有する火力発電所への水素供給も担う。液化天然ガス(LNG)で発電しているが、付近のENEOSの拠点から水素供給を受ける。CO2排出を抑えた形で電車に電力を供給できるとして、30年代の早期に実現を目指す。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

カーボンゼロ

温暖化ガス排出を実質ゼロにするカーボンゼロ。EVや再生可能エネルギー、蓄電池、各国政策などの最新ニュースのほか、連載企画やデータ解説を提供します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン