/

「電音部」のNFT発行 Gaudiy、バンダイナムコ系と提携

ブロックチェーン技術を用いてファン経済圏を形成するGaudiy(ガウディ、東京・渋谷)がバンダイナムコホールディングス(HD)傘下のバンダイナムコエンターテインメント(BNE)と提携した。ダンス音楽をテーマにしたキャラクター「電音部」の非代替性トークン(NFT)を活用し、NFT保有者限定のライブなどファンが楽しめる事業を展開する。

Gaudiyがバンダイナムコエンターテインメントと組んで開始するプロジェクトは「World of 電音部(ワールドオブ電音部)」。まず電音部に登場するアイテムを模したNFTを用意する。SNS(交流サイト)を通じて希望者を募り、抽選で配布する。

NFTはブロックチェーン技術を活用して発行され、ひとつひとつが唯一無二である特徴を持つ。改ざんや複製が困難で、アニメやゲームなどの知的財産(IP)のファンであることを示す証明書としての役割も果たす。Gaudiyとバンダイナムコエンターテインメントは電音部のNFT保有者が参加できるイベントを夏にも開催する。その後もNFTを活用したイベントなどの事業を展開するもようだ。

Gaudiyは既に大手企業との協業実績がある。2020年にはソニー・ミュージックエンタテインメント(SME)と業務提携。バーチャルアイドルなどのファンが交流できるコミュニティーを提供してきた。これまでSMEを含め5~6件程度のコミュニティーを手掛け、22年中には30件程度まで増やせると見込む。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン