/

この記事は会員限定です

東芝の綱川社長「企業価値の向上、株主と同じ思い」

株主総会、株主との一問一答

[有料会員限定]

東芝が25日開いた定時株主総会で議長を務めた綱川智社長兼最高経営責任者(CEO)は、アクティビスト(物言う株主)から経営陣への批判が出ていることについて、「株主の権利を軽視するようなことを行った」と述べた。「企業価値を上げたいという点ではアクティビストと同じだ」として、積極的な対話を続ける姿勢も強調した。綱川社長と株主の主な一問一答は以下の通り。

――東芝は2015年に発覚した不正会計問題の教訓を生か...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り716文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン