/

この記事は会員限定です

東京23区、地下の立体図 山の手にも地質リスク判明

[有料会員限定]

都内に新しい施設や住宅を建てるとき、計画地の地質や地盤がどうなっているかは気になるところだ。産業技術総合研究所(産総研)の地質調査総合センターは2021年5月に日本で初めて、東京23区の地下の地質構造を立体的に見られる「3次元地質地盤図」を完成させ、ウェブサイトで公開した。

下町の低地の地下に「埋没谷」

地上からは見ることができない地下世界の構造が判明したとして、特に地質・地盤リスクに関心が高い...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2498文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン