/

この記事は会員限定です

ESG情報開示、グローバル制度への対応が急務

日経SDGs経営調査

[有料会員限定]

ESG(環境・社会・企業統治)情報開示の枠組み作りが急速に進んでいる。温暖化ガスは自社だけでなく、サプライチェーン(供給網)上で社外関係者が排出する分も開示するという高いハードルが標準化されそうだ。欧州で制度化されるESG開示は事業規模の大きい域外企業も対象になる。日本企業もグローバル対応が急務となる。

「自社排出だけに焦点を当てれば、ウーバーテクノロジーズの排出の99.999%は見過ごされてし...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2860文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

SDGs

SDGsは「Sustainable Development Goals」の頭文字をとった略語で、国連サミットで2015年9月、全会一致で採択された世界共通の行動目標。国や民間企業の取り組みに関する記事をお読みいただけます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません