/

この記事は会員限定です

6Gのカギ、テラヘルツ波 高速通信の実現に期待

Techワード

[有料会員限定]

次世代通信規格「6G」を2030年代に実現する上で欠かせないのが、未開の電波とされる「テラヘルツ波」だ。現在の高速通信規格「5G」で使われる電波よりも周波数が高く、高速・大容量通信が可能と期待されている。ソフトバンクなど通信各社が実用化に向けて実験を重ねている。

「電波を使う上でのラストフロンティア」。ソフトバンクの中島潤一・先端機体開発室長は通信に使える潜在的な価値が大きいことから、テラヘルツ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り915文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン